Waking Ashland

Waking Ashland
Composure / Waking Ashland (2005)
ピアノ・エモ 最近ハマっています。癒される音楽、久々に出会った感じです。
最新作のThe Wellになると、この頃の純粋さが消えてきているのが残念。
Site YouTube
List:
1. Shades of Grey 2. I Am for You 3. Rumors 4. Edinger 5. October Skies
6. Let Go 7. Hands on Deck 8. Long Shot 9. Silhouettes 10. Same Problem
11. Medication 12. Overjoyed 13. Sing Me to Sleep

Anna Nalick

Anna Nalick
 Wreck of the Day / Anna Nalick (2005)
現在ヘビロテ中のもう1枚のアルバム。
最近寝る前はこのアルバムを聴いて気持ちが落ち着いてから寝てます。
リラックスするんだよな。特にBreathe (2 AM)。
癒し系が好みの人はぜひ聴くべし。
=Song List=
1. Breathe (2 AM) 2. Citadel 3. Paper Bag 4. Wreck Of The Day
5. Satellite 6. Forever Love (Digame) 7. In The Rough
8. In My Head 9. Bleed 10. Catalyst 11. Consider This
YouTube検索

Michelle Branch

Michelle Branch
The Spirit Room / Michelle Branch (2001)
昨年末ボーナスでipod nano 4Gを購入。
入れた曲の中で一番ヘビロテなアルバムが彼女の1枚。
年末から15日間で20回以上聴いてる。。
タイトルから彷彿させるように心の奥に響く感じ。声も一本芯が通っている。
すごく惹かれる。忘れられない歌声。
ここんとこ朝の電車の中で気合を入れるときの1曲はEverywhereです(笑
そのほかにもアコースティックを基調の印象的な曲多数。
=Song List =
1. Everywhere 2. You Get Me 3. All You Wanted 4. You Set Me Free
5. Something To Sleep To 6. Here With Me 7. Sweet Misery
8. If Only She Knew 9. I’d Rather Be In Love 10. Goodbye to You
11. Drop In The Ocean
YouTube検索

The Departure

The Departure
Dirty Words / The Departure (2005)
昨年購入して私の中では長いマイブームの1枚。
一言でいうと80年代を思い出す。ダークなサウンドの中、乾いたギターのここちよさはハマル。パンクの後期。暗さでいけばJohn Foxx期のUltravoxに近いかな。。
といって、最初はジャケ買いだったけどね(笑)
1.Just Like TV 2.Talkshow 3.Only Human 4.All Mapped Out 5.Arms Around Me 6.Lump In My Throat 7.Don’t Come Any Closer 8.Changing Pilots 9.Be My Enemy 10.Time 11.Dirty Words
(Bonus Track)12.The City Blurs Your Eyes 13.This New Craze

LIVE 8 TRONT

Live8
Live 8 Tront (2005年)
年始購入のもう1枚。
HMV限定?で販売されているLive8トロント編。
昨年終わりは、4枚組のLIVE8のDVDばかり見ていた。
70s~最新の洋楽が幅広く網羅されているし、いろんなジャンルの
音楽が聴ける&見れるし。コレをキッカケで知ったArtistも多い。
トロント編はRandy Bachman、Deep Purple、Motley Crue、
Simple Plan、DMC、Neil Youngなど、なぜか本編から漏れた
組の貴重なステージが見れるので○!
あとRome編、Paris編、Berlin編があるけど、地元Artistが
多いので買わなかった。A-haが出ているBerlin編は買おうと
思ったが…やめた。

Alicia Keys

Alicia Keys
Unplugged / Alicia Keys (2005年)
彼女初のアンプラグド・ライブ。
日本盤の発売は勤労感謝の日だそうだが、待ちきれずHMVで輸入盤ゲット。Live8で1曲しか見れなかった不満もあったので、なおさら期待してた。
内容は最高!CDよりも数倍の臨場感。アンプラグドならではの歌の響きが違う。教会?のステージで中央やや左に赤いアイシャドウのアリシア。右側にコーラス隊。ほとんどピアノを弾きながらの彼女だが、数曲立ち上がっての熱唱も。
バックの演奏も堅実。Street Of New Yorkのジャジーな香りもよい。1曲だけMaroon5のAdam Levineと共演した曲(The Rolling StonesのWild Horses)がアクセントになっていてまた良い。Aliciaにいろんなジャンルのカバーも歌ってほしいと思った次第。

続きを読む

Kate Bush

Kate Bush
Aerial / Kate Bush (2005)
待ちきれず発売日に購入してきました。
彼女も40代中盤。
子育てが一段落してのカムバック作品。
なんと12年ぶりの新譜。
2枚組の大作。
DISC1は静寂感というか全体的に落ち着いた曲が並んでいて、秋の夜長に合いますね。歌詞も文学的なもの、自然を感じる叙景的なもの、円周率の歌(笑)など彼女らしさもあります。
DISC2はコンセプト面だとか。あまり感じないけど。
鳥の声が繋ぎ曲になっていて、そういえば..って感じ。
途中でラテンとか出てきて興味深い。こちらのDiscも静かな曲中心。
昔作品のような高音の叫び声とか”嵐が丘”のような雰囲気を期待する人には向かないですね。もろ大人のケイト。でも、クセが薄れてもケイトはケイト。っていう作品。サウンド&歌声に引き込まれる魅力は健在です。
何回も聴いて新たな発見がありそうな、そんな1枚(いや2枚!)。12年分聴きこもうと思います~!

Jem

Jem
Finally Woken / Jem (2004)
ここのところよく聴くお気に入りの1枚。
低めの落ち着く印象的な声。DidoかBeth Ortonに通じるところあり。
曲調はマイナー調が多いけど暗くない。むしろ軽さが心地よい。
いろんなスタイルの曲があるので飽きないな。
1.They 2.Come on Closer 3.Finally Woken 4.Save Me 5.24 6.Missing You 7.Wish I 8.Just a Ride 9.Falling for You 10.Stay Now11.Flying High

BBMAK

BBMAK
Sooner Or Later / BBMAK (2000年)
 イギリスの3人組ポップロックバンド。アコースティックでハーモニーが見事。ハーモニーというとBackstreet Boysとか’NSyncとかメジャーなバンドが思い浮かぶけれども、それらとは別次元(一緒にすんなよ!である)。アイドル路線人気もあったが、サウンドはそれを超えていたと思う。
 アコースティックでロックを感じるので私は彼らの作品、今でも愛聴している。彼ら、2003年に解散したのは残念。

Alicia Keys

Alicia Keys
The Diary Of Alicia Keys / Alicia Keys (2004)
先日のJoss Stoneで書いたが、Rock畑中心だった私の
音楽の趣向を見事に打ち砕いたR&Bの名作。
 声が良いのである。心がこもっているのだ!
 詩もピアノも良い。Alicia まだ若いのに悟っているぞ!
 ここ1年でのマイベスト。