通信カラオケ 2大勢力に

ご存知の方も多いかと思いますが、2010年1月20日付で、JOYSOUNDでおなじみのエクシングは、UGAでおなじみのBMBの株式の譲渡を受け、子会社化したとプレスリリースがありました。


 エクシング http://www.xing.co.jp/news/2010/01/20-180000.html
 BMB    http://www.bmb.co.jp/pdf/1001/100120.pdf (PDFファイル)
エクシングさんは孫悟空、Lavca。BMBさんはセガカラを傘下に置いていたので、
一昔前の銀行合併の如く、1社に集結してしまったのですね。
しばらくはUGAは独自に配信していくようです。
洋楽カラオケの観点から言うと、お互いの良い点。ライバルのDAMの良い点を
参考にして、よりよいカラオケを制作してほしいと思います。豊かな&ダイナミックな
音と映像。歌いやすい字幕。ネット発表も含めてわかりやすい曲リストなど。。
欠点を補ってほしいですね。。
これからは、通信カラオケ業界は、第一興商さん(DAM)とエクシングさんの2大勢力。
お互いに良い点を伸ばして行ってほしいものです。