2009年洋楽カラオケ配信 総括

Owl City
↑Fireflies なかなか配信されんなぁ。。全米No.1なのに ブツブツ↑
=個人的通信カラオケ配信総括=
メーカー別にランキングしてみました。
↓ ↓ 簡易ランキングですがw↓↓


第1位 第一興商(DAM) さん
★★★★★
今年ぶっちぎりの配信量でした。
ここ数年の第一興商さんの洋楽配信量の増加は頭が下がる思いです。
すべての世代にウケる選曲でもあると思います。もしかして意識していないのかも
しれないけれど、「洋楽カラオケ文化」の発展に大いに貢献されていると思います。
心から感謝です!!(最大限の賛辞ww)
数年前ならDAMさん単独で洋楽カラオケは十分でない曲数と思っていたけど、
現在は十分対応できますね。
第2位 BMB(UGA) さん。
★★★★
新譜はタイムリーに配信。マンスリーのアーティスト複数配信は毎月の楽しみです。
多からず、少なからずでしたが、コンスタントな良曲配信はうれしいです。
第3位 エクシング(Joysound) さん。
★★★☆
追加曲に良い配信。マニアに嬉しい配信が目立ちましたね。Abba配信の増加とか
特徴は出てました。しかし新譜は薄いなと感じた次第。
第4位 エクシング(Lavca) さん。
★☆
毎月1桁~10曲前後の配信でした。
かつての”洋楽ならLavca”は過去の遺産??Joysoundとの役割分担をすすめてほしいな。
あと、新譜の区切りのないカタカナ表記は見辛いっス。韓国語曲と間違えやすいよー
Segaカラさんと孫悟空さんは配信ない?ので評価なし。。