Phil Collins

Philch.jpg
 70年代初頭からプログレッヴ・ロックの雄。ジェネシスのメンバーとしてドラムを担当。ソロデビュー後は打って変わって、モータウンサウンドを取り入れたポップな作品を発表。その後、ジェネシスの活動と並行しながら、数々の作品を発表しましたね。
 彼の作品はバラード曲に秀逸な作品も多いです。しっとりと歌い上げましょ。でも、彼絡みの一番の定番は、フィリップ・ベイリーとのナンバーの”Easy Lover”??
=全15曲=



A Groovy Kind Of Love
Against All Odds
Another Day In Paradise
Both Side Of The Story
Can’t Stop Loving You
Do You Remember?
Easy Lover (Philip Bailey & Phil Collins)
Look Through My Eyes
One More Night
Separate Lives (Phil Collins & Marylin Martin)
Sussudio
Take Me Home
Two Worlds
You Can’t Hurry Love
You’ll Be In My Heart
メーカー別配信情報・整理した情報はこちらです。

Phil Collins」への1件のフィードバック

  1. 私はSu-su-su-su-ssudio!とかTake Me Homeのような明るく軽い、サビの伸びがよいナンバーが好きですねぇ。バラッドは聴くだけ。

コメントは受け付けていません。