Diana Ross

dai1.jpg
60年代はモータウンサウンドを代表するグループ The Supremesで活躍。70年ソロデビュー。ソウルフルそしてバラード・デュエット作品が印象的。80年以降はディスコ・ダンス・ミュージック作品、Supremes時代のセルフカバーも。そうそう。
彼女の作品、結婚式BGMには欠かせないですね。
個人的には バラード ”If We Hold On Together”、”Theme From Mahogany” 大好き。
メーカーによって”Diana Ross”名義で”The Supremes”作品もあり。メーカー様を尊重して、忠実に記します。
=全22曲(ソロ)=
 +デュエット2曲



(ソロ名義)
Ain’t No Mountain High Enough
Baby Love
Diana Ross Medley
I Thought It Took A Little Time
If We Hold On Together
I’m Coming Out
I’m Gonna Make You Love Me
Love Hangover
One Love In My Lifetime
Promise Me You Will Try
Reach Out And Touch (Somebody’s Hand)
Shake Me Wake Me
Someday We’ll Be Together
Stop In The Name Of Love
The Boss
The Last Time I Saw Him
Theme From Mahogany
Touch Me In The Morning
Upside Down
When You Tell Me That You Love Me
Where Did Our Love Go
You Can’t Hurry Love
(デュエット曲)
Endless Love (Diana Ross & Lionel Richie)
You Are Everything (Diana Ross & Mavin Gaye)
メーカー別配信情報・整理した情報はこちらです。

Diana Ross」への1件のフィードバック

  1. 知らない曲がいっぱいだぁ〜
    メーカーさんはSupremesを軽視しているような節がある。
    かつて一世を風靡したというに……

コメントは受け付けていません。